記事一覧

郵貯ジョイントカードのお得な利用法は?

どのカードにも共通する機能としてキャッシュカードとしての利点があります。全国どの郵便局のCD、ATMで預金を引き下ろしても手数料はいっさいかかりません。夕方6時以降でも手数料はかからないのです。銀行は自行で105円、他行で210円の手数料がかかります。そのコストがいっさいないというのは嬉しいかぎりです。送金についても郵便局同士なら一律130円ですむというからお得です。以上、郵貯カードのおすすめポイントを紹介しましたが、流通系カードを選ぶとしても、ここは頭をひねり、郵貯とジョイントさせることも考えられます。

デパートやスーパーのなかには、郵貯ジョイントカードを発行七ているところもありますから、そちらを選ぶのもいいでしょう。たとえば、デパートで郵貯とのジョイントカードを発行しているところをピックアップしてみますと、伊勢丹、三越、松坂屋、丸井今井、東急、高島屋、阪神、名鉄、大丸、西武など、数多くあります。スーパーではイオン、西友、ユニーなどがあり、専門店では日専連、トイザらス、通販ではティノスも発行しています。

○おすすめの郵貯ジョイントカード
それでは、利点の多い郵貯ジョイントカードをいくつかあげておきましょう。

●伊勢丹・日本信販・郵便貯金トリプルカード
伊勢丹アイカード(初年度年会費無料、2年目から2100円)のような5%割引サービスではありませんが、年会費525円で、伊勢丹グループで利用すると、1000円で2ポイント(通常は1ポイント)付く特典があります。

●OMC郵貯カード
OMCカードは年会費1050円かかりますが、OMC郵貯カードなら年会費無料で、ポイントサービスや月2回の5%割引サービスが受けられ、国内だけでなく海外でもそのまま適用されます。

●My Sony Card 郵貯
「Edy」による電子マネー機能が付き、カード番号入力不要でネットショッピングができるなど、多彩な機能を備えています。

●JALマイレージバンク郵貯ワールドキャッシュ
シティバンクの海外両替カード「ワールドキャッシュ」と郵貯キャッシュカード、それにJALマイレージバンクがプラスされています。日本で預けた円を海外で24時間、現地通貨で引き出せます。さらに、フライト、ホテル、電話などでJALのマイルが付きます。ただし、クレジット機能はありません。