記事一覧

メインカードとサブカードの選び方

メインカードは、コストパフォーマンスのいいもののなかから、自分のライフスタイルに合ったサービスのものを選ぶのがコツです。たとえば、主婦の方ならよく行くスーパーやデパートのカード、旅行が好きな方はマイルが貯まるカードがおすすめです。また、メインカードは文字通りいちばん使用頻度が高いカードですから、年会費無料にこだわらず、年会費に見合ったメリット(傷害保険やショッピング面での充実など)にも注目したほうがいいと思います。使用頻度が高いだけに「安心」を第一に優先されることをおすすめします。もう1枚のサブカードは、どうやって選んだらよいのでしょうか。

それには、メインカードとあわせて利用したい特色・特典があり、サービスの質が異なるものを組み合わせるのがコツです。提携カードは、提携先(国際ブランド)の異なるものを選ぶのもポイントです。たとえば、メインカードがVISAならサブカードはJCBなどにするとよいでしょう。また、クレジットカードのなかには、カードを提示するだけで、カードを使用しなくても協賛店で特典を受けることができるカードもありますので、サブカードはそのような「会員証」代わりに使うというのもいいと思います。

ではなぜメインカードとサブカードの2枚のカードを持つのがお得なのでしょうか。「ポイントを1枚のカードに貯めたほうがお得でも、たくさん持っていたほうが特典は増える」という気持ちはわかりますが、多発するカード犯罪を考えると、やみくもに何枚も持ち歩くのは考えものです。とくに、最近のカード犯罪はカードをそのまま盗むのではなく、カードの磁気だけを読み取るので、知らない間に大金が盗まれることもしばしばです。それなら、ふだん使わないカードは家に保管する「タンスカード」という方法もありますが、それもあまり感心しません。

空き巣に入られたけれども、カードや金目のものが盗まれていないので安心していたところいカードの磁気情報だけを盗まれていたというニュースを最近耳にしました。やはり、カードをつくりすぎるのは感心しません。いくらしっかり管理をしていても、枚数がかさめばかさむほど1枚1枚の管理は甘くなることは必定です。そしてもっとも大切なことは、カードを使う(ショッピングやキャッシング)ことは、一定時期とはいえ、お金を借りることですから、何枚も持っていると借りたお金がいくらなのかを把握できなくなるおそれも生まれてきます。カードは、あくまでも「メイン」と「サブ」の2枚に分けて、目の行き届く範囲でしっかり管理し、十二分に活用することをおすすめします。